FOLK old book store 大阪 古本 絵本・小説・単行本などの古書販売

パンデミック下の書店と教室―考える場所のために 小笠原 博毅×福嶋 聡

Category : 新本


感染のリスクをおかして外出し、お金を支払って書籍や雑誌を購入してくれる来店客一人ひとりを見ていると、どんな本でも「不要不急」のものとは思えないのです。
パンデミックは現在進行中であり……その終わりを予測したり期待したりすることに対しては、冷静な思考の「遠近感」を保たねばならない。この遠近法の習得のためのコーチングこそ、人文知ができることではないだろうか。

いまもなお「人文知」は必要だ。新型コロナウイルスの感染拡大によってあらわになった民主主義の問題、分断や格差の問題。コロナの時代に本を読み、学び、社会について考えることの意味を、書店や教室の現場から問い直す。小笠原博毅(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)と福嶋聡(ジュンク堂書店難波店店長)による往復書簡、エッセイ、対談を収録した評論集。巻末にブックガイドも掲載。


目次
はじめに 考える場所のために 小笠原博毅

機―馘肱

第一信 「決して心地よいものでない共生」を生きる 小笠原博毅
「書店」という場所に期待される意味と機能/命の分水嶺で人文学やカルチュラル・スタディーズには何ができるのか/多様な価値観、異なる意見をぶつけながら共生する社会

第二信 どんな本でも「不要不急」のものとは思えない 福嶋聡
二〇〇〇年前後のトークイベントのはじまり/予定調和を破る空間こそ書店の存在理由ではないか/「言論のアリーナ」から「災害ユートピア」へ――世界のよりよき変革可能性を信じたい

エッセイ いまもなお本はライフラインだった 福嶋聡

供ゞ擬赦

第三信 パンデミックと教室 小笠原博毅
「不要不急」を一律に強制する「剥き出しの政治」/教室はそこにとどまりつつ想像をめぐらして旅をする場所/変わりゆくものと変わらずにとどまるものとの両極分化――アフター・コロナ的な「分断」?

第四信 民主主義と公園 福嶋聡
「自発的隷従」と効率化の思想に抗う教室/書店というメディア――闘技場のリテラシーを考える/教室と書店の弁証法的ダイナミズム――「無駄」や「余計」、「外部」や「他者」に開かれていること

掘.僖鵑肇機璽スと弁証法

第五信 「パンとサーカス」という舞台を構成しないものたち 小笠原博毅
民主主義からのエクソダスの波に対して/「パンとサーカス」という比喩を問い直す/左右のポピュリズムに乗らない「発話の手段」として教室を開く

第六信 書店の日常と弁証法 福嶋聡
「弁証法」の本来の意味は「正」―「反」の緊張感の中にある/書店員教育における「主人と奴隷の弁証法」/「書店の日常」の中に「発話の手段」への貢献はあり得るか

エッセイ 「どうせやるなら派」から「コロナ転向派」へ、そして暴かれる五輪「ムラ」小笠原博毅

検仝斥佞離僖鵐妊潺奪に抗うために

第七信 言葉のパンデミックとは何か 小笠原博毅
トニ・モリスン『ビラヴド』を読み直す/言葉のパンデミックと不寛容の出現/そのただ中で、しかしその一部ではなく――「許容」するための読書

第八信 「本屋はわたしの学校だった」 福嶋聡
大声で発せられる「言葉」に支配されないこと/言葉の「豊穣の海」を社会において体現するのが書店/「本屋はわたしの学校だった」――パトスの中でパッションの灯を消さないために

后‖价漫―馘垢閥擬次⊃擁乎里慮従譴ら見えてきたこと 小笠原博毅×福嶋聡
パンデミック下で人文知は無力でも非実用的でもない/「自粛か自主か」のはざまで社会の解像度が上がる/「不公平」という意識の境界線をつくるものは何か/対話の最後に――そして考える場所は続く

おわりに 〈未来の自分〉と読書 福嶋聡

ブックガイド 本書で取り上げた本やテクスト&パンデミックについてさらに考えるための五冊
初出一覧

四六判:224ページ
新泉社発行

販売価格

1,980円(税180円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

FOLK old book store


541-0046
大阪市中央区平野町1-2-1. 1F+B1F
TEL&FAX 06-7172-5980
mail info@folkbookstore.com

map

【再オープンのお知らせ】
2020年6月2日から再オープンいたします。1ヶ月半のブランクですがまたよろしくお願いいたします。

【臨時休業のお知らせ】

大阪府の休業要請延長に伴い2020年5月7日からも臨時休業といたします。再オープンの目処が付きましたら改めて告知いたします。通販は引き続きご利用いただけます。

【臨時休業のお知らせ】

2020年5月6日まで、店舗は臨時休業しております。通販はご利用いただけます。

【送料無料キャンペーン】

2020年5月6日まで、通販をご利用の際に、FOLKオリジナルグッズ(Tシャツやトートバッグなど)を1点以上含めてお買い上げの方は送料無料にいたします。※発送方法はこちらにおまかせとなります。


<営業時間>
月曜日 谷口カレー11:30~売り切れまで
    本屋・喫茶は定休日です

火曜日-金曜日
1F 谷口カレー 11:30-売り切れまで
  喫茶 13:00-20:00(L.O19:30)
(木金は2cups紅茶喫茶14:00-20:00です)
B1F 本屋 13:00-20:00

土曜日
1F 喫茶 13:00-18:00(L.O17:30)
(谷口カレーは土日祝が定休日です)

B1F 本屋 13:00-18:00

日曜日
1F 露草社喫茶 13:00-18:00(L.O17:30)
(谷口カレーは土日祝が定休日です)

B1F 本屋 13:00-18:00


map

Cart

View Cart

Search

Recommend

Top Sellers

Category



old book store FOLK blog

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM
PAGE TOPへ